フラダンスには様々なステップがあるのですが、6つの基本ステップをマスターできれば、初歩的な曲には合わせられるようになります。 そのフラの基本ステップ6つとは、「カホロ」「カオ」「ヘラ」「ウエヘ」「アミ」「レレウエヘ」です。 フラの練習は、まずはステップをマスターするところから始まります。 ステップがフラダンス(ゆったりとした動きにみえて、実はかなりしんどいです。太極拳がつらいのと同じ理論ですね)の要となりますので、時間をかけて慎重に練習しましょう。 フラダンスのステップのコツは、腰の回転と重心の移動です。 まず、背筋をまっすぐ伸ばして、両手を腰、両足は肩幅に開いた状態で、腰を真下に下ろすようなイメージで軽く膝を曲げます。 このとき、おしりを突き出したり、前のめりにならないように気をつけて下さい。 腰は常に中腰を保ち、上半身は固定して、体重移動をしっかり行います。 基本の6ステップは、それぞれ足の動かし方や重心の移動の仕方などが細かく違います。 ゆっくりとでいいですから、しっかりと確実にマスターして下さいねー